栗東市で聞き取り

担当教員(笠井)はNPO法人くらすむ滋賀の理事を務めています。今回、研究の一環でもある生活史(人生史)の聞き取りを、くらすむ滋賀のメンバーとともに栗東市で行いました。

今回は長らく林業を営まれてきた方の生活史を伺いました。小さいころ、通学前に牛乳を山の下の集落まで一度届けに行っていた話など、その他の地域でも似通った話を聞いたことがあります。地域性を超えて時代的な背景が強い話かもしれません。1月に再訪することになりました。

栗東歴史民俗博物館で企画展「旅のしおり」が始まったところだったので見に行きました。学芸員の中川さんにご案内いただきました。私が追いかけている「伊勢講」関連文書も思っていた以上に同館が所蔵しているようなので、2月に史料撮影に伺うことになりました。

日帰りでしたが、前任校の龍谷大学(大宮キャンパス)や龍谷ミュージアムにも立ち寄ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です