かたつむ邸5周年記念

2012年に笠井ゼミを中心とした有志学生が「東海道ほっこりまつり」(当時、第6回)の共催を始めた栗東市の目川・岡地区。

2013年には目川地先に民家の2間をお借りして「かたつむ邸」開設とともに、笠井ゼミを離れ学科の正課実習科目「コミュニティマネジメント実習」に位置づけられました。

今日は、2017年度の実習生2人が、2012年からの同地区と龍大とのつながりを写真と語らいで振り返りました。

第1期生の3人から手紙・ビデオメッセージも届いており、地域の皆さんが喜んでくださいました。

人数が減り、開放できる日数は減りますが、今回のように、ゆっくりと語らえる企画ができるといいですね。

暑い中、足を運んでくださった、目川・岡、栗東市役所の皆様に感謝申し上げます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です