研究業績

1.学位論文

  • 笠井賢紀(2009)『参加型行政と公共性:フィリピン・ケソン市の事例から』慶應義塾大学修士論文
  • 笠井賢紀(2012)『語りを中心とした調査研究の方法論:生活者の問題発見・解決過程に着目して』慶應義塾大学博士論文

2.書籍

  1. 工藤保則・大山小夜・笠井賢紀(2017)『基礎ゼミ社会学』世界思想社
    • 共編者および第4章「地域社会は誰が作る?」の執筆
  2. 龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科(2014)『コミュニティリーダーを育てる』晃洋書房
    • 「1.1 私たちのまちおこし論」「1.4 ほっこり、かたつむ」「3.1 語りから未来を紡ぐ」の執筆
  3. 笠井賢紀(2019)『栗東市の左義長からみる地域社会』サンライズ出版

3.学術書所収論文

  1. 笠井賢紀(2009)「参加型行政と中間集団:フィリピン・ケソン市の事例から」田島英一・山本純一編著『協働体主義』慶應義塾大学出版会 所収 第10章、pp.251-273
  2. 笠井賢紀(2013)「組織の存続とコミュニティの持続可能性」厳網林・田島英一編著『アジアの持続可能な発展に向けて』慶應義塾大学出版会 所収 第5章、pp.101-118

4. 学術論文

  1. 笠井賢紀(2009)「公共性の類型に関する一考察:フィリピン・ケソン市の事例から」コミュニティ・自治・歴史研究会『ヘスティアとクリオ』8,pp.53-69
  2. 笠井賢紀(2009)「肯定的自己定義と連帯:フィリピン・ケソン市の住民運動を事例として」社会理論・動態研究所『理論と動態』2, pp.108-125
  3. 笠井賢紀(2010)「都市貧困層の女性たちが担った役割:フィリピン・ケソン市での生活史法調査から」女性史総合研究会『女性史学』20, pp.40-52
  4. 笠井賢紀(2011)「問題発見・解決過程の語りと当事者性」日本平和学会『平和研究』37, pp.117-138
  5. 笠井賢紀(2015)「「再構成された語り」についての語り」龍谷大学社会学部『龍谷大学社会学部紀要』47,pp.34-45
  6. 笠井賢紀(2015)「地域内分権組織の類型論を超えて(1):甲賀市甲南町希望ヶ丘学区自治振興会希望ヶ丘分会を事例として」龍谷大学社会学部『龍谷大学社会学部紀要』47,pp.46-57
  7. 笠井賢紀(2016)「地域内分権組織の類型論を超えて(2):メタな語りを用いたCBPRの展開」龍谷大学社会学部『龍谷大学社会学部紀要』48,pp.32-45
  8. [書評論文]笠井賢紀(2016)「コミュニティとの協働:『参加型アクションリサーチ(CBPR)の理論と実践』」龍谷大学社会学部『龍谷大学社会学部紀要』48,pp.65-73
  9. 笠井賢紀(2016)「住民自治組織の位置づけと機能」政策情報学会『政策情報学会誌』10(1),pp.5-15 政策情報学会学会賞(学会誌賞)受賞
  10. 笠井賢紀(2017)「「保護司になっていく」こと:34年間保護司在任者の生活史を中心に」龍谷大学矯正・保護総合センター『龍谷大学矯正・保護総合センター研究年報』6, pp.99-117
  11. 笠井賢紀(2017)「地域協働教育によるコミュニティリーダーの育成:京都世界遺産PBL「コミュニティマネジメント特論」を事例として」龍谷大学社会学部『龍谷大学社会学部紀要』50, 50-61
  12. 笠井賢紀(2017)「生活史法における語りについての考察」龍谷大学社会学部『龍谷大学社会学部紀要』51, 1-9
  13. 笠井賢紀(2018)「目標としてではなく状況としての共生」龍谷大学社会科学研究所『龍谷大学社会科学研究所年報』48, 91-100
  14. 笠井賢紀(2019)「地域社会における民俗の意味と変遷―滋賀県栗東市の左義長を事例として―」龍谷大学里山学研究センター『2018年度年次報告書(里山学研究 SDGsと里山モデル―持続可能社会に向けて―)』240-260
  15. 笠井賢紀(2019)「地域社会における共生のレパートリーとしての民俗」龍谷大学社会科学研究所『社会科学研究年報』49, 93-102
  16. 笠井賢紀(2019)「民俗の機能変化をめぐる考察――滋賀県栗東市目川地区S町の伊勢講勘定帳を中心に――」三田社会学会『三田社会学』24, 83-96

5. 学会・研究会発表

  1. 古川園具樹、石元龍太郎、小林慶太、笠井賢紀、赤松正教、井庭崇(2004)「社会ネットワークの形成過程シミュレーション:マルチエージェント・モデルによる表現と拡張」情報処理学会知能と複雑系研究会・人工知能学会知識ベースシステム研究会
  2. 赤松正教、古川園智樹、笠井賢紀、青山希、井庭崇(2004)「成長するネットワークのシミュレーションとその拡張:世代交代モデルの提案」情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会
  3. 笠井賢紀、赤松正教、古川園智樹、井庭崇(2005)「社会ネットワークにおける感染症伝染シミュレーション」情報処理学会ネットワーク生態学シンポジウム
  4. 笠井賢紀(2008)「フィリピン・ケソン市における住民自治」明治学院大学国際平和研究所PRIME「「南」地域における社会変動と市民社会―アジア・アフリカ・南米の事例報告」
  5. 笠井賢紀(2008)「フィリピン ケソン市における住民自治の課題」東南アジア学会第79回大会
  6. 笠井賢紀(2008)「地方自治団体への住民運動の取り込みについて:都市貧困層における一女性のライフ・ヒストリーから」フィリピン研究会第13回全国フォーラム
  7. 笠井賢紀(2008)「フィリピン・ケソン市における住民自治の可能性と課題」環境・平和研究会(平和学会環境・平和部会)定例研究会
  8. KASAI, Yoshinori, “Participatory Governance in Quezon City in the Philippines: Case of the City Development Council and BDP-PLA”, International Sociological Association Research Committee 21, Tokyo, Japan, 2008
  9. KASAI, Yoshinori, “Changing from Scavengers to Eco-Volunteers”, Pacific Sociological Association, San Diego, USA, 2009
  10. KASAI, Yoshinori and Risa Suzuki, “Footprints of a Mothers’ Organization in Tatalon in Quezon City from Marcos Era to Present: Protestation against and Collaboration with Government”, Asia-Pacific Peace Research Associate, Hualien, Taiwan, 2009
  11. KASAI, Yoshinori, “Positive Identification and Solidarity: Cases of People’s Movements in Quezon City in the Philippines”, International Joint Symposium: Designing Governance for Civil Society, Tokyo, Japan, 2009
  12. 笠井賢紀(2009)「事例から読み解くアリンスキー型コミュニティ開発の可能性と課題」国立民族学博物館第1回みんぱく若手研究者奨励セミナー
  13. KASAI, Yoshinori, “Rethinking Community Organizing through Alinsky-Model: Cases of Social Movements in the Philippines”, Fudan-Keio-Yonsei Graduate Students Forum on Global Governance, Shanghai, China, 2009
  14. 笠井賢紀(2010)「フィリピン首都圏における組織化と連帯」ラテンアメリカ政経学会シンポジウム<アジアとの対話>
  15. 寺田裕子、笠井賢紀、中村フサ子(2012)「音声を重視した漢字学習教材」スペイン日本語教師会第2回大会、バルセロナ、スペイン
  16. 笠井賢紀(2014)「調査過程がまちづくりおよび住民個人に資する方法」地域活性学会第6回研究大会
  17. 笠井賢紀(2015)「地域内分権組織研究への生活史法によるアプローチ―甲賀市希望ヶ丘学区自治振興会を事例として―」政策情報学会第11回研究大会 政策情報学会学会賞(研究大会賞)受賞
  18. 笠井賢紀、吉田昌孝(2016)「地縁に基づくテーマ型組織化-甲賀市希望ヶ丘学区自治振興会の事例から-」コミュニティ政策学会第15回研究大会
  19. 笠井賢紀(2016)「公的ボランティアの社会化と コミュニティマネジメント ―保護司経験者への生活史調査を事例に―」政策情報学会第12回研究大会
  20. 笠井賢紀(2017)「左義長に生活様式の変化をみる―栗東市目川・岡地域を事例として―」日本生活学会第44回研究発表大会
  21. 笠井賢紀(2018)「滋賀県栗東市における左義長の変遷について ―昭和末期の民俗調査との比較を通じて―」日本生活学会第45回研究発表大会
  22. 玉田遼河、冨永燦子、笠井賢紀(2018)「滋賀県左義長に見る民俗行事の空間的変遷」日本生活学会第45回研究発表大会
  23. KASAI, Yoshinori and Atsushi Nakagawa, “A Collaboration on Folklore Research between a City Museum and a Private University”, ICOM-KYOTO CAMOC-DEMHIST Session, City and House Museums in the Context of Revising Museum Definition, Kyoto, Japan, 2019
    • ICOM: International Council of Museums
    • CAMOC: ICOM International Committee for the Collections and Activities of Mueum of Cities
    • DEMHIST: ICOM International Committee for Historic House Museums
  24. 笠井賢紀(2019)「非当事者として当事者の多声を紡ぐ」日本平和学会2019年度秋季研究大会環境・平和分科会「阿賀野川の畔で考える-新潟水俣病の現在-」

6. その他

  • 笠井賢紀(2017)「滋賀県栗東市の更生保護3者協働」龍谷大学矯正・保護課程委員会『矯正保護』36, 97-105
  • 笠井賢紀(2016)「合わせること、分かれること(ソシオロジックフォーカス~社会学の視点で世相を深読み)」大阪ボランティア協会『ウォロ』508, 12
  • 笠井賢紀(2015)「PBLという学びの方法~教員の覚悟、現場の覚悟~(ソシオロジックフォーカス~社会学の視点で世相を深読み)」大阪ボランティア協会『ウォロ』502, 12
  • 笠井賢紀(2014)「社会と、調査する私(ソシオロジックフォーカス~社会学の視点で世相を深読み)」大阪ボランティア協会『ウォロ』496, 18